突然かぶれる

今までは大丈夫だったのに突然かぶれることがあります。
特殊な装置を使うと皮膚の細胞を見ることができるそうです。
皮膚のすぐ下あたりに木の枝のようなかたちから、樹状細胞と呼ばれているものがあります。
樹状細胞が働くときは化学物質などが入ってきたとき
化学物質をキャッチして皮膚の奥に持って行き、リンパ管を通ってリンパ節に持っていく。
そこで白血球が敵とみなして攻撃対象になる。
化粧品や目薬などのとき
樹状細胞は有害なものではないと判断するとキャッチしない
しかし、たまたま敵をみなしてリンパ節に持っていくときもある。
そのときから、これを敵とみなすときがある。
菌などのウィルスとは違うのでやっつけられない
水分で異物を薄めると皮膚の表面が腫れてくる、これが湿疹です。
異物と水を体の外に出そうとする新陳代謝にかかる時間が二週間なんです。