喫煙所をつくるのは賛成

タバコは大嫌いだし、分煙はあるべきだし、そもそもタバコなんてこの世からなくなればいいと思っています。
しかし存在もしているし愛煙家もいるし、自分の思う通りにはならないものだから仕方がありません。
京都府で喫煙所を400万円かけてつくるという計画があるそうです。
これが高すぎるという批判があるようです。
でも私は批判する方がおかしいと思います。
上記の通りタバコは嫌いだし喫煙者とはお近づきにはなりたくないです。
でも吸いたいという権利をはく奪することは出来ません。
喫煙所があってそこでだけ吸うのだからいいじゃないですか。
規則をやぶって道端で吸われるよりはマシだし、拒否をするならする側としての責務があります。
拒否だけしていいわけじゃありませんからね。

コメントは受け付けていません。