5億円以上の黄金のトイレ

美術展の一環として展示されていた5億円以上の黄金のトイレが盗まれました。
実際に使えるようになっていて配管に繋がれていたので、強引に取り外して現場は水浸し状態だったそうです。
社会の格差を風した作品で「アメリカ」と名付けられている
去年トランプがゴッホを借りたいと言い出したときにこの黄金のトイレを差し出すと言って話題になったんだとか。
それで結局は貸し出しはしたんですかね。(笑)
66歳の男を拘束したとの報道もありますが、たった一人ではできないでしょう。
金はさっさと溶かしてしまえば売れるだろうけど、その設備やルートなどプロじゃないとできそうもないですね。
でも実際に使っていたのならある程度汚いけど掃除してから溶かしたのかな?

春夏秋冬年中無休

春夏秋冬、いつでも長く外出するときには鼻炎の薬を飲むようにしています。
でも一日二回飲むタイプのものを一回だけ飲むようにしているので、依存症とかにはならないかなと思います。
まあ、そのせいか夕方になってくると薬が切れたせいかくしゃみが出てきたりはします。
そしいてここ数日は涼しくなってきて、秋を感じるようになってきました。
私は一年のうちで秋の花粉がいちばん影響するようなたちなので、秋になったな!と自分の鼻から感じることがありますよ。
鼻がムズムズして、くしゃみが何回も出てくる。
ああ、秋になったと自分の体でわかります。
一年のうちで夏は大嫌いなので涼しくなるのは大歓迎です。
でも秋になると花粉症が酷くなるのでちょっと困ります。

クジャクが大量繁殖

沖縄県、宮古島で2000羽もクジャクが大量繁殖している問題。
インドクジャクは戒心が強くて人になつくことがないはずなのに、近くにくる。
農家にとっては大打撃で収穫がゼロの農家も。
ゴルフ場ではクジャクの大群もはじめて見ました。
猫のような鳴き声がうるさくてプレイに集中できないゴルファーもいるしグリーンにフンがある弊害。
1980年代後半小学校でクジャクを飼っていることが多かったが逃げ出して繁殖したみたいですね。
駆除が出来るというのは他で大量発生している飛びまわる鳥達よりはマシな気がします
神経毒に耐性があるので、サソリや毒蛇などを食べることからインドだと重宝。
天然記念物が食べられてしまい絶滅の危機でだから駆除OK。
ただ駆除をするのではなく、食べることで命を大事にするようにしているそうです。

いざとなると

先日、家族でスシローに行く機会がありました。
たまたま前日に、先輩薬剤師さんがスシローで食べたチョコミントのアイスが美味しかったという話しをしていたんです。
私はチョコミントアイスが凄く好きなので、いい機会なので私も食べる気まんまんでした。
でもいざお店に行くと、どうも食べたいという欲求がなくなりますね。
一回だけ、レーンに流れていくチョコミントアイスを見たんです。
事前に、ホームページで見ていたから四角くて一見するとケーキみたいな形をしているということは知っていました。
だから流れているのを見た時は、「あれだ!」と思ったわけです。
思ったんですけど、食べたいか?というとそうでもないかなって思ってやめちゃいました。

5月のうちに真夏日

5月のうちに真夏日を更新するという日がとうとうきてしまいました。
暑い。
私の家の部屋は36度になりました。
真夏になれば40度超えになるという恐ろしい部屋です。
でも今の所、この世で一番安心できる部屋でもあります。
不思議なのは暑くて暑くて嫌になるのに、眠気もくるってことですね。
椅子に座ってじっとしていると、クビががくっとなるくらい眠くなります。
こんな温度のところで寝たら死ぬかもしれません。
それなのに眠くなるなんて人間のからだはいったいどうなっているんでしょうか。
そしてたまにそんなことになったりすると、今度は舌を噛んでしまったりします。
とても痛いし、舌を噛み切って自殺するって方法もあるくらいだから怖いですね。

接戦の決勝戦

接戦の決勝戦を見るといつも思うこと。
もう、両者が優勝でいいじゃん。
駄目なのはわかっていますよ。
勝負の世界なんだからどっちらかが勝者になり、敗者になるということは。
でも素晴らしい試合とほんのちょっとの差なんですよ。
実力の差というよりも今の運というかなんというか。
僅差だと負けた方は余計に苦しいでしょうね。
どんな年齢のどんな選手もアスリートは大変です。
見ている方としては応援しかできないのと同時に、精神的にも大変なことなのによくやるなぁという気にもなります。
マラソンとかとくにそうですね。
自分の体の限界ギリギリまでしなければならないスポーツも、精神の不安が試合に影響してしまうスポーツもある。
なんにしろ一生懸命している選手に脱帽です。

恥ずべき行為だと思うか

どんなことが恥ずべき行為だと思うか。
それが一致している人と一緒にいる方がお互いが幸せなんじゃないかなと思います。
相性がいいとかなんとかあるけれど、そういうのは内面が似ているかどうかなのかな。
似ていることが多い方がいいような、悪いような・・・。
でも基本は同じ方向を向いていないと続かないと思います。
あとは、相手が自分とは違うところがあったとしてもそれを許容できるかどうかですよね。
許すなんてちょっと上から目線ですけど、見逃すというか見なかったことにするというか、自分の知らないところでなら勝手にどうぞ、みたいな。(笑)
他人を自分の思う通りにコントロールすることなんて無理だしするべきではないですからね。

喫煙所をつくるのは賛成

タバコは大嫌いだし、分煙はあるべきだし、そもそもタバコなんてこの世からなくなればいいと思っています。
しかし存在もしているし愛煙家もいるし、自分の思う通りにはならないものだから仕方がありません。
京都府で喫煙所を400万円かけてつくるという計画があるそうです。
これが高すぎるという批判があるようです。
でも私は批判する方がおかしいと思います。
上記の通りタバコは嫌いだし喫煙者とはお近づきにはなりたくないです。
でも吸いたいという権利をはく奪することは出来ません。
喫煙所があってそこでだけ吸うのだからいいじゃないですか。
規則をやぶって道端で吸われるよりはマシだし、拒否をするならする側としての責務があります。
拒否だけしていいわけじゃありませんからね。

恵方巻を食べる気はない

先日、週に一回は行くスーパーに仕事のあとに立ち寄りました。
職場のトイレはあまり好きではないので、だいたい最初に入ります。
食品を購入してからトイレに入るのは嫌ですからね。
それでトイレに入ってドアを閉めたら、大きな広告があったんです。
そこには2月に売られる恵方巻の写真と申込書とかだったんです。
マグロ入りとかがドーンと大きい写真でありました。
洋式トイレに座ると目の前にあるんです。
トイレで食べ物の、しかも生ものの大きな写真を見たのははじめてでしたね。
それを見て買いたいというお客さんはいるんでしょうか?
ここで見せられてもって気分になっちゃいましたよ。
そして結構高いし。
私は恵方巻を食べる気はないのでそもそも却下ですね。

身近にあるのも不思議

最近は日本のドラマよりも海外ドラマの方をよく見ています。
お国柄なのか、日本のものよりも海外のドラマの方がかなりオープンな感じがします。
だって先週まで付き合っていたのに、何故だか急に元彼女にアプローチをする男性がいたり、親友のが好きな人だってわかっているのにキスしたりする人とか、ストーリーとは関係ないところで理解できない行動をとる人が多すぎます。(笑)
あと人生に対するハングリー精神がぜんぜん違いますね。
貧しい生まれだったからって上流階級へ入り込むのに必死だったり。
そして簡単にドラッグばかりの世界になっちゃうところとか。
日本とは違ってカウンセラーとかグループミーティングとかセラピーとかが身近にあるのも不思議です。