内蔵型冷え性

暑いなぁっと冷たいものを飲んだりクーラーを使ったり。
冷えたからと体が温めようとうごくうちは良いが、ずっと同じようなことをしていると体
が燃焼するのをやめてしまう。
それで内臓が冷え切ってしまう。
内臓が冷えた状態がつづく
免疫力低下、べんぴ、げり、日民商、膀胱炎になる
胃の内視鏡カメラを入れて温度計、またはおしりの穴で温度計で計れば内臓が冷えtえいるか測れる
筋肉の量を調べると目安になる
体内で熱を作っているのは筋肉
体幹の筋肉が多ければ内臓が冷えにくい
手押しにつけた電脚から微弱な電波を流して体幹の筋肉量を測ることができます。
体は汗をかいて蒸発して温度を下げています。
夏バテしないように、いろんなものを食べる傾向にある。
汗をかいているから大丈夫と思って食べ過ぎていては太るだけです。